野菜の保存方法知ってますか?正しい方法で無駄をなくそう!

野菜の保存方法について

野菜

 

野菜の正しい保存方法って知っていますか?

 

これが野菜の保存方法だ!と思い込んでいるものが、実は間違っているかもしれません(; ・`д・´)

 

野菜を腐らせて無駄を出さないためにも、正しい保存方法をみんなで勉強しましょう!

野菜

正しい知識で無駄をなくす!

 

毎日食卓で大活躍してくれる野菜たちですが、腐らせてしまった経験はありませんか?

 

私はありますよ~。しかも、結構ひんぱんに(´・ω・`)

 

食べる前に腐ってしまった野菜たちを何度も目にしてきました…。

 

最近では価格も高騰してきたので、腐らせてしまった時のショックといったら(;_;)

 

一生懸命作ってくれた農家の方、そして自分の家計のためにも腐らせてしまうなんてもったいない!

 

でもなぜ野菜を腐らせてしまうことが多いのかな?と考えた時、今まで私がしてきた保存方法が間違いだったのを知ったんです(; ・`д・´)

 

当たり前だと思っていたのに間違っていたなんて~!

 

実は、皆さんも野菜の保存方法が間違っているかもしれませんよ!

 

なので、今回は正しい野菜の保存方法を勉強です!(*^-^*)

野菜

野菜に合わせて保存方法を変えよう!

 

まず1番大切な事!←これを私は知らなかったので目から鱗でした(@_@)

 

【野菜の保存方法は、野菜が育ってきた環境に近い状態で保存する事】

 

確かに自分が沖縄県出身で、急に北海道に行ったら「さむっ!」と風邪を引くかもしれません。

 

そう考えると、この考え方には「なるほどね~!」と感心してしまいます。

 

育ってきた環境になるべく近い環境で保存することで、野菜たちをビックリさせないというのが大切だったんですね!

 

ですから、気温の高い夏や秋に収穫する野菜たちは、冷蔵庫には入れず常温保存すると良いでしょう。

 

夏野菜のきゅうり・ピーマン・なす・かぼちゃや、秋野菜のじゃかいも・玉ねぎ・さつまいも・里芋などは、常温保存でOKという事です!

 

ただし、常温保存でOKだからといって、暑い室内や日の当たる場所は保存に向きませんので、冷暗所に置きましょう(^^)/

 

また、冷蔵庫で保存する場合の注意点もご紹介します。

 

野菜は温度が低すぎない野菜室で保存する方が多いと思いますが、それでも温度を保つために野菜室内には冷気が流れています。

 

すると、乾燥しやすい野菜にとってはすぐに傷んでしまう場所になります。

 

そのため乾燥しやすい葉物などの野菜は特に注意が必要です。

 

その際にはラップで包んだり、ビニール袋に入れてから、野菜室で保存するようにすると、野菜の鮮度がぐっと長持ちしますよ(*^-^*)

野菜

まとめ

 

なんでもかんでも、冷蔵庫に放り込んでいた方…いらっしゃいませんか?(´・ω・`)

 

大丈夫!今までは私もそうでした!(笑)

 

でも、せっかくの美味しい野菜を腐らせては、もったいないですもんね!

 

今日から実践できる野菜の保存方法を活用して、無駄のない生活を送りましょう!(^^)/

 

優光泉は効率よく野菜の栄養を摂取する事ができます。

気になる方はチェックしてみて下さいね(^^)/

 

野菜

野菜のチップスを手作りしちゃおう!簡単激うまチップス!

野菜のチップスを作ろう!

野菜

最近野菜のチップス流行ってますよね~!

 

コンビニでも野菜のチップスが、お菓子コーナーに置いてあります。

 

あの野菜本来の味が楽しめる、素朴な味わいが好きな方も多いのでは?(^^)

 

今日はそんな野菜のチップスを手作りで、簡単に作る方法をご紹介!

野菜

野菜のチップス好きですか?

 

野菜のチップスというと、代表的なものはポテトチップスですよね!

 

私はポテトチップスがだーいすきです!(*´ω`*)

 

しかし!今はポテトチップスのような、油ギッシュでジャンキーなものは流行らない!と言わんばかりに、ヘルシーな野菜のチップスが登場しています。

 

それが女性を中心に人気を集めているんですね~(^^♪

 

ポテトチップス中毒の私も買ってみました。野菜のチップス。

 

始めて食べた感想は…「味薄っっっ!!」でした(笑)

 

ジャンキーな私は濃い味・辛いもの・甘いものが大好きなので、野菜のチップスの美味しさが一口目では分かりませんでした。

 

しかし、よく噛んで何個も食べているうちに、野菜の素朴な美味しさに気づき、今ではすっかりハマっています(笑)

 

ただ、結構高いんですよね。野菜のチップスって。

 

値段の割にあんまり入ってないし…。

 

じゃあ作ってみればいいんじゃない!?ってことで、お家で野菜のチップスを作ってみました!

野菜

野菜のチップスに適している野菜を探せ!

 

どんなものをチップスにしようか悩みながらスーパーへ行き、インスピレーションで買い物かごへ野菜を放りこんできました(笑)

 

今回買った野菜はこちら!

 

里芋・ごぼう・さつまいも・れんこん・だいこん・オクラ・かぼちゃ・にんじん

 

さて、今回の野菜チップス作りは、薄くスライスして油で素揚げ!というだけの、簡単な方法でございます(´・ω・`)

 

里芋は切る時ねばねばするし、かぼちゃは固いから気を付けて下さいね!

 

まず、野菜チップス成功編。

 

今回の野菜で美味しかったのは、里芋・ごぼう・さつまいも・れんこん・かぼちゃ・にんじんでした!

 

ごぼうは水で洗って薄くスライスし、少しレンチンした後、キッチンペーパーでしっかりと水気を切りました(^^)/

 

かぼちゃ・れんこん・にんじんはとにかく薄くスライスするのがおススメ!

 

揚がった時にパリッとしていて、とても美味しいです(*´ω`*)

 

里芋は厚さによって、パリッとしたりホクホクしたりして、食感が変わるのも面白い!

 

そして、失敗編(笑)

 

だいこんとオクラはダメでした~(´・ω・`)

 

だいこんは水分が多いので、ちっともパリッとしたチップスにならず…。残念。

 

オクラは…、そのまま放り込んだら大爆発して大変なことに!!(; ・`д・´)キャー!

 

皆さんは絶対に真似しないで下さいね(´・ω・`)笑

 

オクラの野菜チップスってあったと思ったんだけどな~と検索してみると、油で揚げるんやなくて、オクラは乾燥させてチップスにするんですね!(・へ・)アチャー

野菜

手作り野菜チップスは安い・楽しい・美味しい!

 

販売されているもののように上手には作れませんでしたが、美味しく食べられるものが作れました(^^)/

 

皆さんもぜひ、野菜チップスをご家庭で作ってみては?(*^-^*)

 

野菜

野菜を育てる~初心者でも簡単!家庭菜園を始めよう!~

野菜を育てるには?

野菜

 

野菜を育てるって難しいと思っていませんか?

 

実は野菜は、思っているよりも簡単に育てることが出来るんですよ!(*^-^*)

 

初心者の方にもオススメな、野菜をご紹介!今年は家庭菜園を始めてみませんか?

野菜

野菜を育てることのメリット

 

野菜を家庭で育てることにどんなメリットがあると思いますか?

 

ただ単に食費が浮くとかそれだけではありませんよ!!

 

自分で野菜を育てると、収穫する時の喜びや達成感、また野菜のおいしさや安全性を感じることが出来るでしょう。

 

ただ、興味はあるけどなかなか忙しくて始められないという方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

でも皆さんが思っているより、実は野菜は簡単に育てることが出来るので、手軽に始められます!

 

そんな家庭菜園初心者の皆さんに、簡単で手軽に育てることの出来る野菜をご紹介しますね!(*´ω`*)

野菜

プランターで育てる野菜

 

ホームセンターや100均でも手に入るプランター。

 

プランターと土と苗があれば、野菜を育てる準備はOK!

 

初心者さんでも簡単な生命力の強い野菜は、プチトマト・キュウリ・ナス・ピーマンといった夏野菜です。

 

夏の日差しでしっかりと成長してくれるので、お水をたっぷりあげる事だけ忘れなければ、ちゃんと収穫まで育ってくれます。

 

水をあげるポイントとしては、朝方と日の沈んだ夕方にあげるのが良いでしょう。

 

日中に水やりをすると、気温で水が熱くなり根を腐らせてしまいます。

 

また、少し成長して大きくなってきたら支柱を立てて、上へ成長していくように促すと、よりたくさん実をつけるようになります。

 

また、実がなり始めたら適度に肥料を与えると良いでしょう。

 

ただし、与えすぎは禁物ですので、少量の肥料を与えるようにしてください。

野菜

実った野菜を収穫しよう!

 

毎日大きく育っていく過程を見ていたら、収穫の喜びはひとしおですね(^^)/

 

始めての方はびっくりしてしまうかもしれませんが、多分みなさんが想像しているよりも、夏野菜はいっぱい実を付けますので、たくさん収穫できると思います。

 

収穫の際に気を付けたいポイントは、茎や実を傷つけないように収穫すること。

 

手でそのまま引きちぎって収穫したい気持ちは分かりますが、意外と茎は固いので、茎を傷めたり傷つけてしまい、収穫前の実に影響を与えてしまうこともあるのです。

 

また、とげのある茎や実などもありますから、触る際には気を付けて収穫して下さい。

 

ハサミなどでパチンと切り落とすように収穫します。

 

消費が追い付かないからといって、実をそのままにしておくと腐ってしまい食べられなくなりますので、適切な収穫時期を見計らってどんどん収穫しちゃいましょう!

 

そして、育てる楽しさや達成感を味わいながら、美味しく料理して頂きましょう(^^♪

 

野菜