野菜の保存方法知ってますか?正しい方法で無駄をなくそう!

野菜の保存方法について

野菜

 

野菜の正しい保存方法って知っていますか?

 

これが野菜の保存方法だ!と思い込んでいるものが、実は間違っているかもしれません(; ・`д・´)

 

野菜を腐らせて無駄を出さないためにも、正しい保存方法をみんなで勉強しましょう!

野菜

正しい知識で無駄をなくす!

 

毎日食卓で大活躍してくれる野菜たちですが、腐らせてしまった経験はありませんか?

 

私はありますよ~。しかも、結構ひんぱんに(´・ω・`)

 

食べる前に腐ってしまった野菜たちを何度も目にしてきました…。

 

最近では価格も高騰してきたので、腐らせてしまった時のショックといったら(;_;)

 

一生懸命作ってくれた農家の方、そして自分の家計のためにも腐らせてしまうなんてもったいない!

 

でもなぜ野菜を腐らせてしまうことが多いのかな?と考えた時、今まで私がしてきた保存方法が間違いだったのを知ったんです(; ・`д・´)

 

当たり前だと思っていたのに間違っていたなんて~!

 

実は、皆さんも野菜の保存方法が間違っているかもしれませんよ!

 

なので、今回は正しい野菜の保存方法を勉強です!(*^-^*)

野菜

野菜に合わせて保存方法を変えよう!

 

まず1番大切な事!←これを私は知らなかったので目から鱗でした(@_@)

 

【野菜の保存方法は、野菜が育ってきた環境に近い状態で保存する事】

 

確かに自分が沖縄県出身で、急に北海道に行ったら「さむっ!」と風邪を引くかもしれません。

 

そう考えると、この考え方には「なるほどね~!」と感心してしまいます。

 

育ってきた環境になるべく近い環境で保存することで、野菜たちをビックリさせないというのが大切だったんですね!

 

ですから、気温の高い夏や秋に収穫する野菜たちは、冷蔵庫には入れず常温保存すると良いでしょう。

 

夏野菜のきゅうり・ピーマン・なす・かぼちゃや、秋野菜のじゃかいも・玉ねぎ・さつまいも・里芋などは、常温保存でOKという事です!

 

ただし、常温保存でOKだからといって、暑い室内や日の当たる場所は保存に向きませんので、冷暗所に置きましょう(^^)/

 

また、冷蔵庫で保存する場合の注意点もご紹介します。

 

野菜は温度が低すぎない野菜室で保存する方が多いと思いますが、それでも温度を保つために野菜室内には冷気が流れています。

 

すると、乾燥しやすい野菜にとってはすぐに傷んでしまう場所になります。

 

そのため乾燥しやすい葉物などの野菜は特に注意が必要です。

 

その際にはラップで包んだり、ビニール袋に入れてから、野菜室で保存するようにすると、野菜の鮮度がぐっと長持ちしますよ(*^-^*)

野菜

まとめ

 

なんでもかんでも、冷蔵庫に放り込んでいた方…いらっしゃいませんか?(´・ω・`)

 

大丈夫!今までは私もそうでした!(笑)

 

でも、せっかくの美味しい野菜を腐らせては、もったいないですもんね!

 

今日から実践できる野菜の保存方法を活用して、無駄のない生活を送りましょう!(^^)/

 

優光泉は効率よく野菜の栄養を摂取する事ができます。

気になる方はチェックしてみて下さいね(^^)/

 

野菜

野菜のチップスを手作りしちゃおう!簡単激うまチップス!

野菜のチップスを作ろう!

野菜

最近野菜のチップス流行ってますよね~!

 

コンビニでも野菜のチップスが、お菓子コーナーに置いてあります。

 

あの野菜本来の味が楽しめる、素朴な味わいが好きな方も多いのでは?(^^)

 

今日はそんな野菜のチップスを手作りで、簡単に作る方法をご紹介!

野菜

野菜のチップス好きですか?

 

野菜のチップスというと、代表的なものはポテトチップスですよね!

 

私はポテトチップスがだーいすきです!(*´ω`*)

 

しかし!今はポテトチップスのような、油ギッシュでジャンキーなものは流行らない!と言わんばかりに、ヘルシーな野菜のチップスが登場しています。

 

それが女性を中心に人気を集めているんですね~(^^♪

 

ポテトチップス中毒の私も買ってみました。野菜のチップス。

 

始めて食べた感想は…「味薄っっっ!!」でした(笑)

 

ジャンキーな私は濃い味・辛いもの・甘いものが大好きなので、野菜のチップスの美味しさが一口目では分かりませんでした。

 

しかし、よく噛んで何個も食べているうちに、野菜の素朴な美味しさに気づき、今ではすっかりハマっています(笑)

 

ただ、結構高いんですよね。野菜のチップスって。

 

値段の割にあんまり入ってないし…。

 

じゃあ作ってみればいいんじゃない!?ってことで、お家で野菜のチップスを作ってみました!

野菜

野菜のチップスに適している野菜を探せ!

 

どんなものをチップスにしようか悩みながらスーパーへ行き、インスピレーションで買い物かごへ野菜を放りこんできました(笑)

 

今回買った野菜はこちら!

 

里芋・ごぼう・さつまいも・れんこん・だいこん・オクラ・かぼちゃ・にんじん

 

さて、今回の野菜チップス作りは、薄くスライスして油で素揚げ!というだけの、簡単な方法でございます(´・ω・`)

 

里芋は切る時ねばねばするし、かぼちゃは固いから気を付けて下さいね!

 

まず、野菜チップス成功編。

 

今回の野菜で美味しかったのは、里芋・ごぼう・さつまいも・れんこん・かぼちゃ・にんじんでした!

 

ごぼうは水で洗って薄くスライスし、少しレンチンした後、キッチンペーパーでしっかりと水気を切りました(^^)/

 

かぼちゃ・れんこん・にんじんはとにかく薄くスライスするのがおススメ!

 

揚がった時にパリッとしていて、とても美味しいです(*´ω`*)

 

里芋は厚さによって、パリッとしたりホクホクしたりして、食感が変わるのも面白い!

 

そして、失敗編(笑)

 

だいこんとオクラはダメでした~(´・ω・`)

 

だいこんは水分が多いので、ちっともパリッとしたチップスにならず…。残念。

 

オクラは…、そのまま放り込んだら大爆発して大変なことに!!(; ・`д・´)キャー!

 

皆さんは絶対に真似しないで下さいね(´・ω・`)笑

 

オクラの野菜チップスってあったと思ったんだけどな~と検索してみると、油で揚げるんやなくて、オクラは乾燥させてチップスにするんですね!(・へ・)アチャー

野菜

手作り野菜チップスは安い・楽しい・美味しい!

 

販売されているもののように上手には作れませんでしたが、美味しく食べられるものが作れました(^^)/

 

皆さんもぜひ、野菜チップスをご家庭で作ってみては?(*^-^*)

 

野菜

野菜のカロリーは意外と高い!?食べ過ぎ注意の野菜とは?

野菜のカロリーについて

野菜

 

野菜はカロリーが低いというイメージがありますが、意外とカロリーの高い野菜も多いって知っていますか?

 

知らないと、実は結構なカロリーを摂取してしまっているかもしれません。

 

ベジタリアンの方も必見ですよ!(^^)/

野菜

どんな野菜が食卓に並びますか?

 

野菜は健康・美容にも良く、ダイエットにも効果を発揮してくれるため、現在では女性の多くが毎食に野菜を取り入れているのではないでしょうか。

 

ただ、野菜は何でも「良い」というイメージを持ちがちですが、食べ過ぎ注意の野菜もあることを知っておきましょう!

 

実は高カロリーで体に良くなかった!なんてことを後から知っても遅いです(・へ・)

 

せっかく献立を考えて野菜を食べるなら、本当に良いものを食べたいですよね!

 

普段、どんな野菜が食卓に並んでいるでしょうか?

 

そのままでも食べられる野菜、いろんな料理に重宝する野菜を中心に、食卓に並べられているのではないでしょうか。

 

例えば、キャベツをおかずに添えたり、ブロッコリーを茹でて温野菜にしたり、トマトを切ってサラダにしたり…。

 

果たしてその野菜たちが、本当に低カロリーで体に良いものなのか?調べていきましょう!(*^-^*)

野菜

実は高カロリーだった!要注意野菜たち!

 

皆さんもこれは知っているかと思いますが、やはりいも類はカロリーが高めです。

 

またでんぷんは炭水化物の一種で、糖質も多く含みますので、食べ過ぎ注意の野菜です。

 

さつまいも…M1個(200g) 264kcal

長いも…M1個(720g) 468kca

じゃがいも…M1個(135g) 103kcal

 

あとはあまり知られていませんが、豆類も意外と高カロリーです。

 

しかも豆は小さくて、たくさん食べられてしまうのでより注意が必要ですね!(; ・`д・´)

 

そら豆…1カップ(110g) 383kcal

小豆…1カップ(160g) 542kcal

エンドウ豆…1カップ(160g) 563kcal

野菜

イメージ通りの低カロリー!安心野菜♪

 

ここからは低カロリーなお野菜をご紹介します!

 

緑色の野菜はカロリーが低い傾向にありますので、それを目安に緑の野菜をたくさん食べられる献立を考えてみてはいかがでしょうか!(*^-^*)

 

ほうれんそう…1束(270g) 54kcal

ブロッコリー…M1個(125g) 41kcal

レタス…M1個(490g) 59kcal

おくら…1ネット(8~12本)(85g) 26kcal

キャベツ…M1個(1020g) 235kcal

 

キャベツは一見カロリーが高いように見えますが、1玉で235kcalです。

 

せいぜい1食で4/1食べたら多いなという所だと思うので、4/1であれば約60kcal程度なので、やはりカロリーは低めでしょう(^^♪

野菜

まとめ

 

せっかくの食事で1kcal単位まで、カロリーの事を気にしていては、食事が楽しく無くなってしまいます。

 

ですので、イモ類や豆類に偏らないように、そして食べすぎないように…という程度の心掛けで良いと思います(^^)

 

そして、緑色の野菜を積極的に食べていけば、必然と体に良い低カロリーな食事となっていくでしょう(^^♪

 

野菜

野菜を育てる~初心者でも簡単!家庭菜園を始めよう!~

野菜を育てるには?

野菜

 

野菜を育てるって難しいと思っていませんか?

 

実は野菜は、思っているよりも簡単に育てることが出来るんですよ!(*^-^*)

 

初心者の方にもオススメな、野菜をご紹介!今年は家庭菜園を始めてみませんか?

野菜

野菜を育てることのメリット

 

野菜を家庭で育てることにどんなメリットがあると思いますか?

 

ただ単に食費が浮くとかそれだけではありませんよ!!

 

自分で野菜を育てると、収穫する時の喜びや達成感、また野菜のおいしさや安全性を感じることが出来るでしょう。

 

ただ、興味はあるけどなかなか忙しくて始められないという方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

でも皆さんが思っているより、実は野菜は簡単に育てることが出来るので、手軽に始められます!

 

そんな家庭菜園初心者の皆さんに、簡単で手軽に育てることの出来る野菜をご紹介しますね!(*´ω`*)

野菜

プランターで育てる野菜

 

ホームセンターや100均でも手に入るプランター。

 

プランターと土と苗があれば、野菜を育てる準備はOK!

 

初心者さんでも簡単な生命力の強い野菜は、プチトマト・キュウリ・ナス・ピーマンといった夏野菜です。

 

夏の日差しでしっかりと成長してくれるので、お水をたっぷりあげる事だけ忘れなければ、ちゃんと収穫まで育ってくれます。

 

水をあげるポイントとしては、朝方と日の沈んだ夕方にあげるのが良いでしょう。

 

日中に水やりをすると、気温で水が熱くなり根を腐らせてしまいます。

 

また、少し成長して大きくなってきたら支柱を立てて、上へ成長していくように促すと、よりたくさん実をつけるようになります。

 

また、実がなり始めたら適度に肥料を与えると良いでしょう。

 

ただし、与えすぎは禁物ですので、少量の肥料を与えるようにしてください。

野菜

実った野菜を収穫しよう!

 

毎日大きく育っていく過程を見ていたら、収穫の喜びはひとしおですね(^^)/

 

始めての方はびっくりしてしまうかもしれませんが、多分みなさんが想像しているよりも、夏野菜はいっぱい実を付けますので、たくさん収穫できると思います。

 

収穫の際に気を付けたいポイントは、茎や実を傷つけないように収穫すること。

 

手でそのまま引きちぎって収穫したい気持ちは分かりますが、意外と茎は固いので、茎を傷めたり傷つけてしまい、収穫前の実に影響を与えてしまうこともあるのです。

 

また、とげのある茎や実などもありますから、触る際には気を付けて収穫して下さい。

 

ハサミなどでパチンと切り落とすように収穫します。

 

消費が追い付かないからといって、実をそのままにしておくと腐ってしまい食べられなくなりますので、適切な収穫時期を見計らってどんどん収穫しちゃいましょう!

 

そして、育てる楽しさや達成感を味わいながら、美味しく料理して頂きましょう(^^♪

 

野菜

野菜は太る!?ダイエットに最適か逆効果か知っておこう!

野菜は太るのか?

野菜

野菜を食べて太るなんて信じられない!

 

どんな野菜がダイエットに最適なのか、逆に太るのかを知っておかないと、せっかくのダイエットも水の泡です(・へ・)

 

野菜の正しい知識を付けて、効率的にダイエットを成功させましょう!

野菜

野菜のイメージ

 

野菜と聞くと、栄養素がたっぷりで低カロリーなんていうイメージがありますよね!

 

確かにそれは事実なのですが、野菜なら何でもいい!という勘違いは、ダイエットを失敗に導いてしまいます。

 

ダイエットでなくても、目的に応じた野菜を食べないと効果は得られません。

 

ですから、ダイエットに効果的な野菜、そして太る野菜というのを理解して、野菜を選択することが大切になってくるのです!

野菜

野菜で太る原因は?

 

まず、低カロリーで体に良いというイメージから食べ過ぎてしまう事。

 

いくら低カロリーでも、必要以上に食べ過ぎてしまえば太るのです。

 

あ!あとドレッシングの掛け過ぎも絶対NGですよ!(; ・`д・´)

 

そして、食事が野菜ばかりに偏り、栄養バランスが崩れ代謝が落ちるという事もあります。

 

すると、ダイエットは著しく効果が半減し、ダイエット成功は遠のいてしまいます。

 

また、野菜を食べるときの料理法によって、摂取したい栄養素を壊しているという可能性もあります。

 

熱に弱く加熱料理では効果が出ない野菜があったり、逆に熱を加えたり潰したりすることで栄養素が出てくる野菜もあります。

 

ですので、食べるときの調理方法も知っておくのがダイエットの秘訣ですね!

野菜

太る野菜、痩せる野菜

 

太る野菜とは一体どんなものでしょうか?

 

考えてみれば、でんぷんは炭水化物の一種です。ダイエットに炭水化物は天敵!

 

となると、必然的にでんぷんの多い野菜はダイエットには不向きで、太る傾向にあります。

 

例えば…、さつまいも・じゃがいも・かぼちゃ・にんにく・とうもろこしなど。

 

どれも野菜の中でも美味しいもので、好きな人が多いのではないでしょうか。

 

でもやっぱり、美味しいものには裏があるという事ですね(´・ω・`)

 

逆にダイエットに効果的な痩せやすい野菜は?

 

ダイエットに効果的な野菜は、食物繊維が豊富で炭水化物や糖質の少ない野菜です。

 

ブロッコリー・ほうれん草・おくら・アスパラ・レタスなど、緑色の野菜を中心に摂取するとダイエットに最適な効果が得られるとされています。

 

おしゃれ女子が大好きなアボカドは、緑色ですが高カロリーですので、注意が必要です!

 

食べる順番は野菜を1番初めに食べると、痩せやすいと言われていますので、そちらも意識して食べてみてはいかかでしょうか?

野菜

野菜を選んできれいになろう!

 

太る野菜・痩せる野菜の知識を得たあなたは、これでダイエットも効果的に進めていけるはず!(*^-^*)

 

野菜中心のバランス良い食事をして、痩せやすい体を手に入れましょう!

 

野菜

野菜から酵素を摂取して若々しい身体作りをしよう!

野菜と酵素について

野菜

野菜に含まれる酵素とは?野菜を食べるだけで酵素を摂取出来る?

 

「酵素」という言葉だけが一人歩きして、実はあんまり知らないという方も多いのではないでしょうか(´・ω・`)

 

今回はその酵素について、詳しく説明しましょう!

野菜

酵素とは?

 

酵素とは、元々私たちの体内でも作られる成分ですが、消化・吸収、また分解・代謝を行ってくれる働きがあります。

 

ただし、この酵素は一生のうちに体内で作り出される量は決まっています。

 

そして、年齢と共に体内で作り出す1日の酵素の量は減っていってしまうのです!

 

この酵素が少なくなると、消化・吸収や分解・代謝の働きが悪くなっていくため、便秘・冷え性・疲れやすい・痩せにくいなんていう身体になっていってしまいます(;_;)

 

逆に酵素がたくさんあれば、いつまでも若々しく健康な身体でいられるという事です!

 

そこで大切なことは、日々の日常生活の中で酵素を無駄遣いしないこと。

 

そして、体内で生成される酵素とは別に、体外から酵素を摂取して補うことです。

 

1つ目の酵素の無駄遣いというのは、乱れた生活習慣や食生活によって、体内の酵素を多く消費してしまっているという事です。

 

2つ目の体外からの摂取というのは、野菜などを食べたり、飲み物やサプリメントで酵素を摂取するということです。

野菜

野菜から酵素を積極的に摂取しよう!

 

野菜には酵素が多く含まれますが、正しい知識を持っていなければ、酵素をきちんと摂取出来ていない可能性があるんです!(; ・`д・´)

 

酵素は熱に弱く、加熱することで無くなってしまいます。

 

ですので、せっかく野菜を食べていても、加熱調理をした野菜では酵素が摂取出来ません(´・ω・`)

 

なので、酵素の摂取を目的としているならば、生野菜・すりおろし・スムージーなどにして、野菜を摂取するようにしましょう!(^^)/

 

そして最も効率のよい食べ方はすりおろしです!

 

野菜はすり下ろすことで、野菜の細胞膜が破れて酵素が出てきます。

 

なので、野菜をカットしたものよりも、酵素を余すことなく摂取出来るという事です!

 

カットした野菜を食べる時は、出来るだけすりおろしの効果に近くなるように、よく噛んで食べるようにするといいですね!

 

また、果物にも酵素は豊富に含まれていますが、野菜よりも糖分が多い為、食べ過ぎには注意が必要です( ..)φメモメモ

 

※酵素を摂取するために野菜をたくさん食べるのは大変!という方には、酵素ドリンクがおススメです!

 

酵素ドリンクの中でも人気があるのは「優光泉」という商品です(^^♪

 

優光泉の口コミや効果について知りたい方はこちらへどうぞ♪

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素の口コミ・効果の本音を暴露!!

 

さぁ!皆さんも野菜からたくさん酵素を摂取して、若々しく健康な身体作りを目指しましょう!(^^)/

 

野菜